お歳暮 ランキング

フルーツのお歳暮

お歳暮といえば、真冬の贈り物です。となるとフルーツの旬となると次第に品種が少なくなっていく時期に重なります。たとえば、国内でいうと旬といえるのは、みかんくらいしかないという感じになります。

 

そんなときに、ビタミン類を豊富に含んだフルーツの贈り物があったらとても嬉しいものです。皇室献上されるほどの品質を誇る広瀬の柿を販売しているのが、山梨の旬「ふるーつ・ネット」さんです。

 

こちらでは皇室に献上しているものと同じ品質の広瀬の柿を朝どり直送で送ってくれますが、11月中旬の発送になるようです。柿といえば冬場は干し柿も重宝しますがふるーつ・ネットさんでは最高級品質・松里の枯露柿(ころがき)が入手できます。

 

枯露柿は、高級和菓子として珍重されてきた高級柿です。山梨・甲府市にある松里は枯露柿の最高級ブランドを生み出す産地として知られています。枯露柿といえば松里と謳われるほどの有名な産地ですから、

 

 

お好きな方にとってはもう喉から手が出るほど味わってみたい柿でしょう。


枯露柿作りにも名人と呼ばれる農家の方がいらっしゃるようです。こちらのふるーつ・ネットさんで取扱いしているのは、その名人といわれる人の手によってひとつひとつ愛情こめて丹念に干し柿の工程を経て完成されたものばかりです。

 

ですから、干し柿といえば鏡餅に飾られてあるような串にささっている小さなものを連想されていると、ちょっとイメージが違いすぎると思います。

 

 

ひとつひとつ袋に入れられた枯露柿は、先様に高級和菓子にも匹敵する甘さと味わいと食感を堪能していただけることと思います。みかんといえば、日本の代表的な果物ですが愛媛みかん専門「のま果樹園」さんです。

 

こちらでお歳暮を頼めば寒い時期に旬を迎える果物であるみかんなど、果汁がたっぷりでとろける甘さを先様に堪能していただけます。みかんをはじめ、柿や梨、マスカットや詰め合わせセット、ストレートみかんジュースに飲むゼリーなど、

 

 

興味深いフルーツの数々で目移りしそうです。


お歳暮には、早生みかん、媛まどんな、はれひめ、愛媛みかん、権兵衛みかんといったものが旬となります。これらはみんなみかんの品種です。早生みかんは贈答用として、3キロ3,300円〜4段階に分かれています。

 

媛まどんなはゼリーのようにとろけるような食感が特長のみかんで、贈答用は1.2キロで3,000円からあります。ほかの種類も贈答用がそれぞれに用意されているのですが、権兵衛みかんだけは家庭用のみとなっています。

 

 

それでも相談次第で贈答用に熨斗などをつけてくれると思います。


お歳暮だけでなく自宅用に買って食べてみたくなるほどの種類の豊富さと商品の多彩さはさすがのま果樹園さんです。自宅用なら、品質には何ら問題のないワケあり商品がお買い得価格で手に入ります。

 

 

ギフトフルーツの「Shomeido」さんのお歳暮といえば、三重南紀でとれた最高等級のみかん赤秀を取り扱っています。赤秀は最高級みかんといわれるだけあり、甘さの強いみかんです。

 

あるサイトでは売り切れになるほどの人気品種ですから、お好きな方には喜ばれるお歳暮となりそうです。ほかにはフルーツ盛り合わせもおすすめです。その時期にもっともおいしいフルーツを吟味して盛り合わせてくれますし、

 

 

先様によろこんでもらえるようなラッピングをしてお届けしてくれます。


岡山の四季彩「旬楽」さんは岡山のフルーツにこだわって取扱いをされているサイトショップさんです。さすが岡山もフルーツ天国だけあってなし、葡萄、桃とおいしそうなものがずらりと並んでいます。

 

しかし果物は生ものですから、旬にかかっていないものを贈ってももっともおいしい時期を逃してしまっているために、先様に喜んでもらいにくい可能性も考えられます。そのために旬楽さんでも旬の時期をはっきりと明示してくれています。

 

お歳暮の時期に旬を迎える果物というと、「あたご梨」です。1月中旬まで旬を迎えていますのでお歳暮の時期にちょうどぴったりです。あたご梨はなんと見た目がかなり大きく、重量は1.2〜2キロもあり梨だとは思えないくらいです。

 

しかし確かに大きいけれども洋ナシのようにほの甘い香り、実際にも甘く、食感もやわらかいのです。これは先様との話題作りにも最適、1個1.2キロで2,500円となっています。